2019/11/16.sat 〜 2020/2/16.sun
特別展示「映画ポスターの魅力  グラフィック・デザイナー小笠原正勝展」

映画史に残る数々の名作のポスターデザインを手掛けてきたグラフィック・デザイナーの小笠原正勝さん。アート系映画の魅力をそのままにデザインされたポスターを一目見れば、その映画のあらすじや出演者のことを知らなくても、きっと観たくなるはずです。
本展では、1960年代以降に公開された外国映画のポスターを中心に紹介します。

小笠原正勝
1942 年、東京都生まれ。武蔵野美術短期大学商業デザイン科を卒業後、デザイン制作会社である東宝アートビューローでは、演劇ポスターや映画広告のデザインを担当する。76 年以降はフリーランスとして活動。70 年から日本アート・シアター・ギルド(ATG)の映画『青春の殺人者』『絞殺』『ツィゴイネルワイゼン』などのポスターを制作。『股旅』はカンヌ国際映画祭第一回ポスターコンクールでグランプリを受賞。74 年、岩波ホールのエキプ・ド・シネマの創設に参加し、『大樹のうた』からポスターを制作。また、フランス映画社のバウ・シリーズも76 年の『恐るべき子供たち』からゴダールの『映画史』までポスター制作とアートワークを続ける。また、歌舞伎座を始め新劇、商業演劇など、演劇ポスターも数多く制作する。

開催日程: 2019年11月16日(土)~2020年2月16日(日)
開催時間: 9:00am〜5:00pm
会場:木下惠介記念館 (浜松市旧浜松銀行協会)
参加費:100円(木下惠介記念館の通常観覧料内でご覧いただけます。)
主催:木下惠介記念館