木下惠介記念館開館20周年記念-「わたしが好きな木下映画」上映プログラム投票アンケート実施中

 当館は2021年で開館20周年を迎えます。いつも木下惠介映画と当館の活動を温かく応援してくださる、ご来場の皆様の好きな木下作品投票により、上位にランキングした作品を参考に、2021年度の定例上映会作品をラインナップする予定です。ただいま館内にてアンケート投票を実施しています。

 木下惠介監督は生涯に渡り、49本の映画作品を撮りました。庶民たちの強さ、弱さ、美しさ、喜びや悲しみの物語を通して、「本当の人間」を描き続けました。その徹底した姿勢から、“信念の人”とも言われています。
 一方、映像表現への実験精神は旺盛で、日本初のカラー映画から、全編斜めに撮影するフレームワークや、フィルムへの鮮やかな部分着色など、それぞれの革新的なアイディアと技術を取り入れている作品は日本だけでなく、世界中の映画ファンの心に響いています。
 今回は、「わたしが好きな木下映画」というテーマで、当館1階ロビーに投票アンケート箱を設置しています。お1人につき最大3作品を投票いただけます。来年度の開館20周年は、投票してくださる皆様が選んだ作品が上映される機会となります。ご来館の際には、ぜひご投票ください。

【実施概要】
実施期間:9月20日(日)~12月20日(日)9:00~17:00
実施場所:木下惠介記念館・1階ロビー
投票対象:木下惠介監督による映画作品全49本