カセットテープでREC & PLAY! 音の録音&編集ワークショップ 【ふじのくに子ども芸術大学】

「カセットテープ」って知っていますか?

これは音を記録する装置のひとつです。この装置を使って「音」の記録と編集に挑戦。
カセットテープに音を録音し、ハサミで切って自由に組み合わせたら、
今回特別のオリジナルマシンで再生!どんな音が聞こえるかお楽しみに。
会場は浜松出身の映画監督・木下惠介の記念館です。







(1)一人ずつ録音・編集・再生をマスター。
(2)全員でテープを繋ぎ、「サウンドコラージュテープ」を作成!



ファシリテーター:ウエヤマトモコ(音と人 ミミ島)
世の中に潜んでいる音と人の関係を探求し、聴覚と触覚によって世界を認識することをテーマに、音響作家として、映画・舞台・テレビ・ラジオなどの音響制作に関わる。実験&制作の場「音と人 ミミ島」の代表であり、サウンドインスタレーションやフィールドレコーディング、ワークショップ制作などを手掛けている。



日時:
7月24日(金・祝)10:00~12:00
8月1日(土)10:00~12:00
8月8日(土)10:00~12:00
※各回のいずれか1回のみ参加可。
申し込み時に複数選択する場合は、第一希望~第三希望の旨を明記してご応募ください。

場所:木下惠介記念館(浜松市旧浜松銀行協会)
対象: 小学5年生~6年生
定員:各回10名(抽選)
参加料:無料
申し込み期間:5月19日(火)~6月21日(日)
申し込み方法: “講座名、参加希望日時、氏名、ふりがな、電話番号、郵便番号、住所、学年、”を明記し、Eメールまたは電話で浜松市木下惠介記念館までお申し込みください。ふじのくに子ども芸術大学のウェブサイトの専用フォーム(2020年度版)からもお申込みいただけます。